ブログ/Blog

お茶をダメにする5つの要素/How to store your Nihoncha?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開封後のお茶はどんな風にして保存しておけばいいのか?正解は、、

「涼しくて、日光当たらず、密閉容器」(一句読めました)

そもそも「お茶が悪くなる」とは?
それは、お茶の味が変質してしまったり、香りがとんでしまったり、色が茶色くなってしまった状態です。
お茶屋業界では、「お茶がひねてる」と言ったり、古いお茶を「ひね茶」って呼んだりします。

それではどんな原因でお茶が悪くなってしまうのでしょうか?

①高温✖

ストーブやコンロの近くなど高温の場所は、お茶が酸化しやすく、特に色が悪くなります。冷蔵庫や電子レンジも使うと熱くなるので、上に茶缶を置いたりしないように注意。

②酸素✖
酸素もお茶の大敵で、空気にずーっと触れたままの状態にすると、少しずつお茶が酸化し、味が変質していきます。狭山園ではお茶を販売する際にはフレッシュな状態をキープしたまま「真空パック」の状態で販売しています。

③湿気✖
ジメジメは味も香りも色もすべて悪くなります。
例えば、夏場など冷蔵庫で保存していたお茶のパックをいきなり開けたりしてしまうと外気と冷蔵庫内の温度差によって、「結露」で茶葉が湿気てしまいますので、冷蔵庫から出してすぐに封を開けるのではなく、しばらく置いて必ず常温にもどしてから開封するようにしましょう。

④直射日光など✖
実は太陽光だけでなく、蛍光灯などでも「光」に当てると葉緑素が分解され、香りと色が悪くなります。透明の瓶などにお茶っ葉を入れておくのはNG。

⑤匂い✖
お茶は、匂いを吸収する作用(脱臭作用)があるので、きっちりと密封されていない状態で保存すると、周囲の匂いを吸ってしまい、香りが悪くなります。適当にお茶のパックを輪ゴムやクリップでとめて、一緒に冷蔵庫に入れておいたお漬物などの匂いを吸ってしまい、お茶の香りが悪くなってしまったなんてことがあります。密閉容器でもタッパーのようなものは✖。逆にお茶は脱臭作用があるというのを利用し、乾燥させた茶殻を脱臭剤に利用する手もあります。

 

基本的にお茶は、「常温保存」可能ですが、保管は冷蔵庫や冷凍庫がいいって聞いたこともあるかもしれません。でも冷蔵庫や冷凍庫での保存が良いとされるのは未開封のお茶に限ってのこと。開封後のお茶にはおすすめしません。未開封のお茶を長期保存する場合は冷凍庫へ。封を開けなければ一年くらいは持ちます。

夏場はきっちり密閉した容器なら冷蔵庫で保管もOK。毎日飲む場合は毎回出し入れするのもお茶の劣化につながりますので常温で大丈夫です。

でもまずは、お茶を買うときには半月くらいで使いきれる分だけを買うのが基本です!新鮮なうちに飲み切ってまた新鮮なお茶を買いましょう。狭山園では50g単位の量り売りも行ってますので茶缶など容器持参のうえ、ぜひご利用ください。(※一部量り売りできない商品もあります。商品リストでご確認ください。)https://sayamaen-japanesetea.com/1229/

How should tea store after it has been opened?

“Store somewhere in Cool, no sun right and keep it in airtight containers.”

What does “Tea goes bad” mean ?
It is a condition in which the taste of the tea has been something bad, the aroma has gone, or the color has turned dark brown.
In the Japanese tea shop industry, we call old tea “Hine-cha”.(ひね茶)

So what can causes your tea goes bad?

(1) High temperature

High temperatures, such as near the heater, can cause the tea to oxidize easily, especially it affect the color. Be careful not to put a tea container close to stove or range, as well as on top or side of refrigerator or microwaves.

(2) Oxygen
Oxygen is also a major enemy for  tea, and if it is left in constant contact with air, it will gradually oxidize and change its taste.  When storing your tea is to minimize its exposure to these elements! There fore we sell our tea in a “vacuum-packed” condition to keep it fresh!

(3) Moisture
Moisture turns everything taste, smell, and color worse.
For example, the tea leaves will become moist due to the temperature difference between the outside air and the inside of the refrigerator if you immediately open a tea package which has been stored on. So after taking the tea out of the refrigerator, let it sit for about 10 minutes until it reaches the same temperature as the outside air before opening it.

(4)Direct sunlight
In fact, not only sunlight, but also fluorescent lamps will break down chlorophyll when exposed to “light”, resulting change a aroma and the color. Do not put the tea leaves in a clear jar or container.

(5) Scent / Odor

Since tea absorbs odors (deodorization), if it is not stored in a tightly sealed container, it will absorb the surrounding odors and make the tea smell bad. if you put a pack of tea with a rubber band or a some clip and put it in the refrigerator to absorb the smell of meat,, fish,, so easily. that is so terrible. On the other hand, it can be use the deodorizing effect of tea, and use the dried tea husk as a deodorant.

Basically, tea can be “stored at room temperature,” but you may have heard that storage is better in the refrigerator or freezer. But only unopened tea is good for storage in the refrigerator or freezer. It is not recommended for tea after opening. For long-term storage of unopened tea, place in the freezer.

We suggest that buy small amount of tea as enough to use it up in about a month! Drink it up before it gets worse and buy fresh tea again.

We sells tea from 50g increments, so please bring your own tea can or containers. (Please note that some products cannot be sold in quantity)

Do Smart shopping!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2020.12.3

    12月の定休日
PAGE TOP