お知らせ/Topics

「新茶」っていつも飲んでるお茶と何がちがうの? What’s so special about Shincha?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期になると新茶ってよく聞くけど、普段飲んでるお茶と比べてなにが特別なんだ~?

その疑問にお答えしましょう!

「いつも飲んでる煎茶」=落ち着いた甘み・渋み・うまみのバランスがとれた味わいを楽しむ。

「新茶」=青々しく若々しい、芽吹いたばかりの新鮮なお茶の香りとうまみ、そして爽快な渋みを楽しむ。若く柔らかい葉っぱなので茶殻まで食べられる!!

「新茶」とは、その年の最初に育った新芽を摘み採って作ったお茶のこと(立春から*八十八夜の頃→今年は5月2日)。お米も「新米」、紅茶だと「ファーストフラッシュ」、ワインなら「ボジョレーヌーボー」のように、一年で初摘み、初採れの一番フレッシュな状態のものです。

新茶はとっても葉が柔らかく、水分やミネラル分、旨み甘み・リラックス成分のテアニンを多く含んでいて、青々しい新鮮な香りと甘みがあります。水分量が多い新茶を”みずみずしく生っぽく”仕上げるため、乾燥工程の火入れを調節して、新茶らしい香りや成分をうまく活かした仕上げをするというのも特徴。

そして、この新茶にしか含まれない青々しいお茶の香りといわれる ”青葉アルコール” は、アルコールといわれる所以、揮発性が高く、その特別な香りはお茶のパックに詰められてもすぐに飛んで行ってしまいます。その間たったの約1カ月!

だから5月~6月上旬だけの旬限定の”新茶の香り”が楽しめるのはこの時期だけなんです。

せっかくいい新茶買ったから封を開けずにとっておこう~。では気づいたときには、新茶の青葉アルコールの香りはなくなってしまいますのでケチらず思い切って封を開けて、旬な時期に最高の味と香りの状態で飲みましょう!!

お茶は一年に4回生産期がありますが、「新茶」というコトバは通常は、4月から5月に収穫される一年で一番最初に摘み取られる“一番茶”に対して使うので、旬が落ち着いてくる6月下旬~7月過ぎからは、あえて“新茶”と呼ばないのが普通です。しかももうこの時期には、もうあのさわやかな特別な香りは、落ち着いた感じになってしまいます。だから時期をすぎてもお茶屋さんには「今年採れた一番茶」はありますが、「5月だけの青い香りの新茶」を味わうことはできないのです。

そして、天候や育成具合、そして産地によっても、新茶の味は毎年違います! 香りが強い新茶ができる年もあれば、香りは適度に、渋みとうまみがいつもより ”のってる”! 年もあり、味わってみるまで分かりません。

去年と比べて2022年産の新茶はどんな味になるのでしょうか??一生に一度、その年にしか味わえないのも新茶の魅力ですね。

昔から新茶を飲むと一年間、無病息災・長寿で過ごせると伝えられています。お茶の健康効果が高いのは数多くの研究でも証明されていますね。喉の粘膜などに付着するインフルエンザやコロナウイルスなどへの抗菌作用もあります。(ガブ飲みより、ちょこちょこ飲み推奨)

さて、五月初旬から狭山園にも静岡産、そしてちょっと遅れて狭山産の新茶がぞくぞく並び始めます。新茶が入荷次第、狭山園オリジナルシリーズの「特別栽培茶ひより」、「前田茶師のごうぐみ茶」「狭山茶ほのか」の新茶レビューと淹れ方のポイントをお伝えしていきます。

狭山園では4/24まで新茶ご予約(予約特典あり)受付中です!!!

#新茶の魅力 #emotional #shincha2022


新茶(Shincha)literally means “New Tea” which is very first picking of the sencha hervest at the year. Shincha season lasts about late April until the end of May. The harvest begins in Kagoshima a southern and warm area and follows the warm weather.

The Specialness of Shincha・・・

①It is only available in the market from mid-April to the end of May. The earlier the shincha is released, the higher quality it will be! Shincha is rarely sold abroad. ”Freshness” is the name of the game for this tea…

②Absolutely Best quality Seasonal Tea in Japan.

③Shincha has a unique aroma as a narural leaf alcohol that can be found only in Japanese Shincha. and retains its leaf alcohol only a few month!

④ Full Umami and fresh bitterness of young Shincha sprouts

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

最近の記事

  1. 2022.04.30

    5月の定休日
PAGE TOP